【徹底比較】AV女優の月収を他の高収入求人と比較してみた!

高収入求人の月収を比較こないだ街を歩いていたら、キラキラした装飾が付いたトラックが「高収入~♪高収入~♪」とアナウンスしながら道路を走っていきました。見ると、トラックの側面には女性向けの風俗求人サイトの名前とイラストが載っていて、「月収100万円稼げる☆」みたいなことも書いてありました。
「へ~そんなに稼げるんだ」と思ったのですが、「AV女優の場合は月に2~3本くらいの作品に出ればそのくらい稼げるよな」とも思ったのでした。
AVの撮影って、作品の規模にもよりますが大体1~2日くらいで終わるんで、1ヶ月に3~4日くらい働いたらそれで100万円稼げちゃうわけなんですけど、風俗とか、キャバクラみたいな水商売系だとどうなんでしょうね??

というわけで今回の記事では、昔のツテを頼って現役の単体女優、企画単体女優、企画女優として活動しているAV女優の方々にインタビューを敢行!「ぶっちゃけ月収はどれくらい?」と聞いてみました。
また、これもまた知り合いのツテを頼って、現役のデリヘル嬢さんやソープ嬢さん、キャバクラ嬢さんにもお話を聞いてみることにしました。
AVと、その他の高収入求人を比較してみたらどんな結果になるのか?ぜひチェックしてみてください!

AV女優の月収例を聞いてみた!

ではさっそく、ここではAV女優として活躍している3人の女性の「声」をお届けしましょう。
単体女優のAさん、企画単体女優のMさん、企画女優のSさんにお話をうかがいました。

AV女優の月収例1.単体AV女優Aさんの事例

単体AV女優Aさん

先月の月収ですか?私は1ヶ月に1本という契約で【某大手AVメーカー】さんの作品に出演しているんですけど、契約のお金が1本200万円なので、先月のAV出演で得たお金は200万円ですね。
でも私たちみたいな単体女優の場合、作品への出演だけがお仕事じゃなくて、いろいろ表に出る仕事があるのでもっと高いと思います。
先月は、雑誌のグラビアとイベントに何個か出演したのでそのギャラも入っていますね。
AVに出演した分と合わせたら250万円くらいかな!

AV女優の月収例2.企画単体AV女優Mさんの事例

企画単体AV女優Mさん

先月は、200万円稼ぎましたよ!イエイ!
ちょっと欲しいものがあったので、めっちゃ頑張ったんですよ先月は。
私たちの場合って、単体女優の方に比べたら全然ギャラは低かったりするんですけど、単体の方とは違っていろんな作品に出れるので、柔軟に稼げるのが気に入っています。
で、先月は5本の作品に出たんですよ。
最初は制服モノで、次が熟女モノだったんで頭おかしくなりそうでしたけど(笑) でも楽しかったですよ、はい。
それで1本目がギャラ30万円で、2本目が50万円、であとは30万円とか40万円とかのやつが続いて、合計で200万円という感じですね!

AV女優の月収例3.企画AV女優Sさんの事例

企画AV女優Sさん

えーと、私は先月、合わせて100万円いただきました。
ギャラの内訳は、SM系のやつがひとつあって20万円もらえたのでラッキーでしたけど、その他は10~15万円くらいだったかな。で、7本くらい出たんですよ。
1本あたりのギャラが10万円とかっていうと、「あんまり稼げないんだね~」とかって言われることもあるんですけど、ぶっちゃけAV女優のお仕事を始める前に比べたらめちゃめちゃ稼げてますよ。
昔はバイトを1ヶ月ほとんど休みなくやって20万円いくかどうかっていうレベルでしたから。それに比べたら、月の半分くらいAVに出て、残り半分はまるまる休みで100万円ゲットできるんですからスゴイですよね。

他の高収入求人で働く女性の月収例を調査してみた!

さて、いかがでしょうか。
AV女優のお仕事はけっこう稼げるということがハッキリしたところで、ここからはキャバクラや風俗といった“その他の高収入求人”の月収を紹介してみたいと思います。

キャバクラ嬢Nさんの月収例

キャバクラ嬢Nさん

トップクラスで売上がある人に比べたらホント、全然なんですけど……30万円くらいかなあと思いますね。
週3~4日くらいで出勤しているんですけど、毎月だいたいこんな感じですね。
私の場合、ありがたいことに指名のお客さんが何人かいらっしゃるのでコンスタントに稼げているという感じだと思います。

キャバクラ嬢の平均月収

キャバクラ嬢は、時給制が基本で接客1回につきインセンティブが発生する仕組みになっています。また、指名を獲得したりお客さんと同伴したり、ドリンクを卸してもらったりしたらキャバクラ嬢にバックが発生します。
たくさん売り上げている女性とそうでない女性の差が激しいので、なかなか一概に平均を出すのは難しいのですが、今回お話をうかがったNさんの30万円というのはリアルな平均月収じゃないかと思います。

デリヘル嬢Kさんの月収例

デリヘル嬢Kさん

35万円くらいかな。
まあぶっちゃけあんまり出勤してないっていうのもあるんだけど(笑)
でも、本気で頑張ったとしても100万円とかは全然稼げないんじゃないかな。
もしかしたら全然休まず、待機所に住む覚悟で出勤したらいけるかもしれないけど、身体が持たないと思う。メンタルもボロボロになっちゃうと思う(笑)

デリヘル嬢の平均月収

デリヘルの場合、
・休みなしに働いて80万円
・ちょっと休んだとして50万円

というのが基本的な月収の相場と考えて良いでしょう。
しかし、なかなかそこまで頑張るのは難しいので50万円未満になるのがほとんどです。

ソープ嬢Eさんの月収例

ソープ嬢Eさん

先月は62万円です。これでも稼げてるほうだと思います。
私、出勤日数は週に4日くらいなんですけど朝から夜まで大体ずーっといますからね。
いわゆる鬼出勤みたいな状態なんですけど……。
まあ、指名のお客さんがいるから何とかこれくらい稼げてるって感じですね。

ソープ嬢の平均月収

高級店ならたくさん出勤して100万円を稼ぐことはできるでしょう。
しかし、高級店よりランクを下げると、休みなしに働いたとしても100万円を稼ぐのは難しそうです。
今回お話をうかがったEさんは高級店ではないスタンダードなソープランドでお仕事をしているそうですが、週に4日、夜まで出勤してもこのくらいを稼ぐのが精いっぱいだということでした。

まとめ:圧倒的な高収入求人はやはりAV女優だった!

というわけで、今回はAV女優と他の高収入求人を比較して「稼げるお金」についてまとめてきたわけですけど、いかがでしょうか?
今回いろんな女性にインタビューしてあらためて思ったんですが、AVってやっぱり圧倒的に稼げるお仕事なんだなってことでした。
今回紹介した月収の数字を単純に並べてみると、

単体AV女優250万円
企画単体AV女優200万円
企画AV女優100万円
キャバクラ嬢30万円
デリヘル嬢35万円
ソープ嬢62万円

という感じになります。

しかもキャバクラやデリヘル、ソープといった水商売・風俗系のお仕事は週に何日も出勤してこの収入なので、AV女優のほうが圧倒的に稼げるといっても良いと思うんですよね。
AV女優には、特定の地域でだけ働く風俗や水商売に比べると全国に顔や名前が出るというリスクはありますけど、「まあ別にばれても大丈夫」という方はもちろん、「バレたらちょっと……」という方も企画女優ならバレる可能性は低くなるので、それほど大きいリスクとはいえないでしょう。

というわけで、圧倒的に稼げる職種をお探しなら、AV女優がおすすめです!

関連記事