【徹底比較】AV女優の求人はそもそもホントに高収入なの?

AV女優の働き方の違い「AV女優は稼げるって聞くけどホント?」
「ネット見たら『実はあんまり稼げない』みたいな情報を見たんだけど大丈夫?」

そんな方も多いんじゃないかと思います。

結論からいえば、AV女優の求人は、自分に合った働き方を選ぶことができればしっかりした高収入を実感することができると思います!
実は、一口に「AV女優」といっても主に「単体女優」「企画単体女優」「企画女優」という3種類の働き方があり、それぞれ単価(出演ごとの給与額)が異なります。
では、それぞれどんな違いがあるのでしょうか。
また具体的な給与相場とは?
まとめてみたので、ぜひチェックしてみてください!

AV女優の給与相場と仕事を調査してみた!

ここでは、「単体女優」「企画単体女優」「企画女優」という3種類の働き方について紹介しつつ、それぞれの具体的な給与相場を紹介してみたいと思います。

ちなみに、AV女優は1回作品に出演するごとにギャラをもらうというのが基本です。
というわけで、作品1本当たりのギャラの相場をまとめてみました。

単体女優

単体女優はAVプロダクションに所属し、さらにAV作品の制作を行うAVメーカーに専属で作品を出す女優さんのことです。

  • 作品に女優さんの顔や名前(芸名)が出る
  • 1ヶ月に1本の契約で撮影する
  • 有名になればAV女優以外の活動ができるチャンスがある

といった特徴があります。

単体女優

ただし、誰でも単体女優に慣れるというわけではなく、アイドルや一般の女優、あるいはモデルさんみたいな容姿やスタイルを持っていたり、タレント性がある女性でなければなかなか単体女優になれないという点は押さえておくべきだと思います。

そんなAV女優の給与相場は、作品1本あたり100万円以上という感じです。
メーカーによってまちまちですが、1本あたり200~300万円を出すというところもあるようです。
特に、すでに他の分野で顔が売れている元芸能人インフルエンサーとして活躍したことがある女性は高額なギャラを提示されることが多いようですね。
というわけで、「今は業界から離れているけど昔はちょっと有名だったことがある」という方、あるいはAV女優としてキャリアを始めてゆくゆくは他の分野にも進出したいという方にはおすすめです。

企画単体女優

企画単体女優

企画単体女優は、AVプロダクションに所属し、特定のAVメーカーに専属せずにいろんなメーカーの作品に出演する女優さんのことを指します。
AVメーカー専属ではないということで、出演の本数は女性が自由に決めることができます。
たくさん作品に出演すればその分だけたくさん稼げるということで、人によっては単体女優よりも稼げているという場合もあります。
「ガンガン出演してたくさん稼ぎたい!」という女性は、企画単体女優にチャレンジするのが良いでしょう。

具体的な給与相場は、1本あたり20~30万円といったところです。
たとえば1本あたり100万円で契約している単体女優の方は1ヶ月に100万円稼げるということになりますが、企画単体女優の場合は月に4~5本の作品に出演することで単体女優よりも多く稼ぐことができるようになります。

企画女優

企画女優

企画女優は、単体女優や企画単体女優と違い、顔や名前が表には出ない女優さんのことを指します。
AVプロダクションに所属する一方で特定のAVメーカーに専属しないという点では企画単体女優と同じですが、企画単体女優は顔や名前が表に出るのに対して、企画女優は表に出ません。
たとえば、DVDのパッケージに顔が載らないとか、目立たない感じで処理されているとか、大人数で出演するうちのひとりになるとか……そんな感じでお仕事をします。

そんな企画女優の給与相場は、1回あたり10万円といったところです。
単体女優や企画単体女優に比べるとそれほど稼げるわけではありませんが、AVの撮影は1~2日で終わることが多いので、一般のバイトや就職に比べると高いお金を稼げることに違いはありません。
「AVの高収入には興味があるけど顔が出るのはちょっと……」という方は、企画女優があっているといえそうですね!

その他のお仕事

こちらは番外編!
AVプロダクションでは、AV女優のお仕事の他に、AVとは異なるさまざまな「その他のお仕事」を紹介しているところがあります。
たとえば、グラビアモデルとしてちょっぴりセクシーな写真を撮るとか、アマチュアのカメラマンが集まる撮影会のモデルになるとか、ビデオチャットに出演するチャットレディになるとか、TV番組の出演者になるとか……。
そんな「その他のお仕事」の給与相場をチェックしてみましょう。

  • グラビア撮影

    グラビア撮影

    いわゆる「グラビアアイドル」みたいな感じで写真集を制作する場合、写真集1本あたりの給与(ギャラ)の相場は5~30万円といった感じです。
    知名度に応じてギャラが上がっていくという仕組みですね。

  • 撮影会モデル

    撮影会モデル

    女性を撮りたいアマチュアのカメラマンが集まる撮影会に出演するモデルとして、お仕事をします。AVやグラビア写真集は人目に触れるところに出ますが、撮影会はアマチュアカメラマン向けのイベントなので、基本的に撮られた写真が表に出ることはありません。撮影会の内容は、コスプレや水着などさまざまです。給与の相場は、撮影会1回あたり5~30万円という感じになっています。

  • チャットレディ

    チャットレディ

    チャットレディは、ビデオチャットで男性とお喋りをしたり、アダルトなパフォーマンスを見せたりするお仕事。同じ空間に男性がいるわけではないということで、安心感があります。チャットレディの場合、お喋りをした分数に応じて報酬が決まる「分給」というシステムが一般的です。時給換算で1,800~7,200円くらいが相場となっています。

  • エキストラ

    TV出演

    TV出演……といっても、タレントさんと並んでバラエティ番組に出るとか、ドラマの重要な役を演じる女優さんになるというわけではありません。バラエティ番組で主要なタレントさんたちの後ろに並んでいるエキストラやアシスタント、映画やドラマで“その他大勢”を演じるエキストラなどがメインです。給与相場は、作品1本あたり5,000~20万円といったところです。

AV女優の給与とお仕事まとめ

いかがでしょうか。
AV女優の場合、「単体女優」「企画単体女優」「企画女優」という3つの働き方があり、それぞれ給与相場が違うということがお分かりいただけたんだじゃないかと思います
あらためてまとめておくと、単体女優は作品1本で100万円以上稼ぐことができる一方、企画単体女優の場合は1本で30万円前後、企画女優は1本10万円程度という感じになります。

パッと見た感じは、単体女優がいちばん稼げそうな感じがするかもしれません。
それに比べると企画単体女優や単体女優は単価が低いので、「AV女優=稼げない」みたいなイメージを持つ方も多いんじゃないかと思います。

しかし、企画単体女優や企画女優は、単体女優と違ってメーカーに専属せず、1ヶ月の出演本数は自分で決めることができます。
単体女優ほど大きく顔が出るわけでもないので、「たくさん作品に出ていっぱい稼ぎたい」「でも顔はあんまり世に出ないほうが嬉しい」という方は企画単体女優や企画女優を選ぶのがおすすめ!しっかり本数をこなせば、高収入を期待できるでしょう!
ぜひ参考にしてみてください。